新しい出会いをサポート

キャリアリポート

個人の車を社用で利用した際のマイレージ精算
ガソリン料金の高騰により、個人の車を社用で利用する業務に携わっている方々にとって、会社が定めるマイレージ精算のレートはとても気になるところだと思います。社員が個人の車を利用して業務(営業活動、取引先との打ち合わせ等)を行った際に、ガソリン代や自動車保険料(業務中であっても事故を起こした際は、まず個人の自動車保険を利用することになるため)の精算 に利用される金額の基準となるのが、IRS(Internal Revenue Service=アメリカ国税局)が定めるMileage Rate(1マイルあたりの精算 レート)です。これはIRSが企業に対して、社員個人の車を社用として利用した場合に、その社員に必要経費として認める1マイルあたりの金額で、そのレートはガソリン代や自動車保険料等を考慮しIRSが定期的に金額を設定しています。そして、IRSが設定した金額内においては、会社が独自の判断によってマイレージ精算金額を決めることができますが、経費として認められる金額はMileage Rateの範囲内なので、ほとんどの企業ではMileage Rate内で社員に対して精算 を行っています。また、各企業が 精算するマイレージには、ガソリン代と事故を起こした際に利用することになる個人の自動車保険料が含まれます。